ブログ

枚方市の人事制度の現在地(人事評価と昇給、勤勉手当への反映率)

これまでも定期的に取り上げている、公務員の人事給与制度について、枚方市の現在状況を自分自身のメモも含めてまとめておきます。

問題点は、

  • 年功序列
  • 頑張っても頑張らなくても給料が同じ
  • 前例踏襲主義になりがち
  • 評価をしても正確な評価、厳格な評価になっているのか

 

といったところだと考えており、改善策を提案してきました。

 

そして、その結果、枚方市の人事制度は今どうなっているのかというのをまとめています。

 

非管理職も評価に応じて昇給額や、勤勉手当の額(いわゆる夏・冬のボーナス)が変わるので、他の自治体に比べると踏み込んだ内容になっていると思います。

 

ただ、運用がどこまで出ているか、評価の納得性、正確性はあるのか、という話はあると思います。人事制度は終わりなしですね。最近は多様な働き方(テレワーク)の話とか、もっとチャレンジできる環境、風通しのよい環境を作っていくべきという話もしております。

 

 

定期昇給について。

多くの自治体では4号級ずつあがります。これが年功賃金といわれ、長くいたらどんどん給料が上がるというものです。

しかし、枚方市は、評価が高いと4号級以上昇給することもありますし、評価が低いと4号級も昇給できないことがあります。

 

非管理職

S・A・・4号給

B・・3号給

C・・2号給

 

管理職

SS・・6号給

S・・5号給

A・・3号給

B・・2号給

C・・0号給

 

 

期末勤勉手当について。

いわゆるボーナスです。

期末手当という固定部分(評価によって変わらない)

勤勉手当という部分を合わせて期末勤勉手当となっており、いわゆる夏と冬に支給されるボーナスです。その勤勉手当部分が枚方市は評価によって変わります。

 

管理職の勤勉手当が変わる自治体はそれなりにあると思いますが、非管理職まで差がついているのは珍しいと思います。

 

非管理職

S・・0.965ヶ月

A・・0.950ヶ月

B・・0.935ヶ月

C・・0.905ヶ月

 

管理職

課長代理クラス

SS・・1.085ヶ月

S・・1.010ヶ月

A・・0.935ヶ月

B・・0.860ヶ月

C・・0.785ヶ月

課長と次長クラス

SS・・1.165ヶ月

S・・1.050ヶ月

A・・0.935ヶ月

B・・0.860ヶ月

C・・0.785ヶ月

 

理事と部長クラス

SS・・1.200ヶ月

S・・1.060ヶ月

A・・0.920ヶ月

B・・0.860ヶ月

C・・0.785ヶ月

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2022/01/14)
枚方市災害対策本部の図上訓練を見学
前の記事>(2022/01/11)
DX研修に参加。
記事一覧