市政運営方針を見て。 | 前枚方市議会議員 木村亮太
ブログ

市政運営方針を見て。

もう議員じゃないのでただの評論家的立場ですが、勝手にコメントさせていただきます。

 

枚方市の市政運営はコチラ

 

 

2つの最重点施策のうちの1つ目の教育・子育てについて

教育子育てに重点を置くという点で非常に良くなったと思います。

 

子育て世帯保育ニーズにこたえるために

一時預かりの施設拡充とは何をどうするのでしょうか?駅前に観光ステーションを作るよりも、預かり施設を設置すべきだと思いますね。

 

駅前に観光ステーションではなく子どもの一時預かりを

 

午睡寝具の持ち帰りもいいですね。

 

枚方市の保育所のおむつの状況(手ぶら登園と使用済みおむつの処分)

経済負担の軽減について

給食の無償化もいいですね。

 

不登校支援について

校内ルポやメタバースの活用もいいと思います。

 

留守家庭児童会室の長期休業期の昼食サービス

これまで主張してきたいのでいいと思います。

1学期は給食があるのに夏休みに入ったら弁当持っていかないといけない件。留守家庭児童会室の食事提供について。中核市の状況。

 

 

 

最重点施策のもう1つの駅前再整備について

様々書かれていますが、2022年度の9月議会で位置条例が否決されており、市長としてはどこかで再度条例案を出して可決を目指したいところだと思います。

 

9月26日、本会議、市役所の位置条例が否決

 

振り返ればこの日はこの駅前の案件だけで半日以上使っていましたね。当日は議長として円滑な議事運営を行うことに努めていました。また、それぞれの議員がそれぞれの考えで賛成・反対を投じたことについては今でもいいも悪いもないと思っています。

可決を目指すのであれば、当時反対票を投じた議員に対しての、市長からの真摯な説明が必要なんだろうなと思います。

(もちろん私も含めて、当時賛成した議員、反対した議員の中でいなくなってる人もいます)

 

 

それぞれの議員がそれぞれの信託を得て議員になっているので合意には時間がかかる側面もありますが、そこをいかにスピードアップさせて可決に持っていけるかも市長の力量が問われているのかもしれませんね。市長という責任の重さを改めて感じます。

 

 

枚方市は委員協議会の資料もHPにアップされていて、情報にアクセスしやすいのが非常にいいですね。

 

事務事業評価をやっていない自治体や、公表されていない自治体もある中で、情報公開が進んでいるかと思います。

 

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
次の記事(2024/03/10)
事務事業評価before/after(議員の影響力について)
前の記事(2024/02/20)
アクセラのワークショップを実施しました。
記事一覧