ブログ

枚方市の野外活動センターでドローンが試行的に利用できるようなります。

枚方市野外活動センターでは、施設の利用促進のために、以下の2点について試行的に実施していくという以下の報告を受けました。

 

  • 冬季期間の平日利用の受け入れ
  • 野外活動センター内でドローンが試行的に利用できるように

 

ドローンの件は私も公共施設などで使えるようにしてほしいと提案していました。野外活動センターだけではなく、体育館や公園施設等でも今後使えるようになればと思います。

 

1.冬季期間(12月~翌年2月)における平日・日帰り利用

現在、 枚方市野外活動センターでは、冬季期間(12月~翌年2月)は土、日、祝日の日帰り利用のみの運営を行なっています。

今回、利用ニーズを調査するため、冬季期間(12月~翌年2月)において、平日の日帰り利用の受け入れを試行的に行います。

  1. 実施期間
    令和3年12月から令和4年2月末までの間の平日全て (火曜日、年末年始除く
  2. 今後の予定
    ホームページ、 SNS等にて市民周知を行います 。
    ※同期間内で宿泊利用についての実証実験も数回程度行う予定です。

 

2.ドローン(無人航空機)の利用

無人航空機の利用野外活動センターの利用者に、自然環境や施設利用者、ハイカーへの配慮を前提に、一定の条件のもとドローンの使用を認めます。

  1. 利用条件
    ①使用場所を限定
    施設利用者やハイカーの安全が確保 できる屋内、屋外場所
    ②使用できる日時を設定
    平日開所日の午前10時~午後4時30分(土日、休日は今後検討)
    ③使用前に利用誓約書(遵守事項)への署名などを条件とする
  2. 実施期間
    令和4年1月~当面の間
    ※検証の結果、他の利用者やハイカーなどへの安全確保などが確認されれば、継続的な取り組みとする予定です。
SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2021/12/02)
2021年11月総務委員協議会での駅前の進捗報告
前の記事>(2021/11/29)
枚方市で介護予防分野でのPFS実施に向けて具体的に。
記事一覧