ブログ

枚方市も子宮頸がんワクチン予防接種の個別通知を再開しました。

キャッチアップできていなかったのですが、厚労省が子宮頸がんの予防接種について、対象者には情報提供をするべしという通知が厚労省から来ています。

通知内容はコチラ

 

 

そして、それを受けて枚方市も取り急ぎ高校1年生の対象者には個別通知を再開して10月末に発送しているということです。無料で予防接種が受けられるのは3月末までですのでお早めに!

そして、対象年齢であれば接種費用は無料です。

 

ちなみに、対象者は小6から高1までなのですが、予算の関係で発送は高1だけです。

 

 

 

子宮頸がんワクチンの予防接種の実施についてのこれまでのざっくりした経過は

 

積極的勧奨を開始。

副反応の報道があり、積極的勧奨の中止

※あくまでも積極的勧奨を中止しただけで、定期接種の制度自体は中止となっていない。

対象者であれば予防接種は無料。

この度、厚労省から自治体向けに通知が来たのもあり、枚方市も個別通知が復活。

 

という流れです。

 

 

上記のように、ワクチンを予防接種しないことで、死亡する人が増えるという、予測もあります。

 

日々新型コロナウイルスの報道がされていますが、新型コロナ以外にも脅威の病気は多々あります。

 

 

関連記事です。当時のインターン生にまとめてもらいました。

 

子宮頸がんワクチンについて

 

 

 

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2020/11/04)
枚方市総合文化芸術センター建設工事の現場視察
前の記事>(2020/11/02)
都構想の結果について
記事一覧