ブログ

スマホアプリを活用した災害等通報システムの試行実施が7月1日から始まります。

枚方市では、災害時の被害状況や、平時の道路の陥没、公園の遊具の破損などの不具合を市民の方がスマホアプリを活用して、枚方市に通報できる仕組みを検証していきます。

 

今年度はアプリを試行導入し、実際に写真や位置情報を投稿してもらい、操作や機能などについての意見をいただく中で検討を行っていきます。

 

この件は、昨年度の自然災害を受けて各会派から頂いた意見を受けて、正副議長として市役所に提案をさせていただいたものです。

 

関連記事です。災害や道路損傷をスマホアプリから通報できるシステムの試行実施に。

 

この時は9月までに、ということでしたが、スタートが早くなりました。

 

 

  • 試行期間:2019年7月1日~12月27日
  • 対象範囲
    :災害時の被害(地震や台風など自然災害での有用性を検証)
    :道路の陥没(市道)※平時
    :公園遊具の破損(市営)※平時

※試行実施ということで投稿できる人数を絞って実施します。今後は対象を広げていただきたいです。

 

こちらはタブレットでログインした後の画面をスクショしたものです。

 

私の今任期のテーマの一つとして、今更ながらですが、スマホの活用をどんどん推進していきたいと思っています。

6月定例月議会でも提案をしております。

 

 

関連記事です。災害や道路損傷をスマホアプリから通報できるシステムの試行実施に。

SNSにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
枚方市議会議員
木村 亮太
民間企業を経て2011年より枚方市議会議員。政治スタンスは未来に責任を持った政治。主な政策は行財政改革、人事給与制度改革、教育子育ての充実、持続可能な社会保障制度改革、ICTを活用したまちづくり。
<次の記事(2019/07/01)
枚方市でもEBPMを取り入れていくべき。またビッグデータ解析をまちづくりに活用を。
前の記事>(2019/06/27)
山村富造元市長が枚方市の名誉市民に。
記事一覧