ブログ

ひらかたおでかけピクニックを見学(PFSを活用した介護予防事業)

9月28日はひらかたおでかけピクニックを見学してまいりました。

 

このひらかたおでかけピクニックはPFSのスキームを使った枚方市の介護予防事業のキックオフイベントです。

 

FS(成果連動型民間委託契約方式)と類似スキームのSIB(ソーシャルインパクトボンド)について2016~2017年に言及してから5-6年。最初は「それなんですか?」状態でしたが、形になりつつあるのは思うところがありますね。しっかりと成果が上がることを期待しております。

 

 

PFSとは

「行政課題の解決に対応した成果指標を設定し、成果指標値の改善状況に連動して委託費等を支払うことにより、より高い成果の創出に向けたインセンティブを民間事業者に強く働かせることが可能となる、新たな官民連携の手法」(内閣府)であり、内閣府が推進しています。

事業活動の実施によって予め決めた額の支払いをするのではなく、実施による成果に応じて費用が変更する方式になっています。

 

 

今回の介護予防事業は、既存の事業や地域での活動等に参加されず閉じこもりがちな方や参加が困難な方に対して、民間ノウハウを活用することで、誰もが気軽に参加できるようにし生きがいやつながりを作ってもらうという目的で実施しています。

 

当日の様子

ということで、新しく外出したくなるようなつながりを作ることができるような趣味?のブースが様々ありました。

 

 

 

読書会、木工教室、コーヒー教室などのブースがあり、本日は入り口のところの設営をされていました。興味を持った人が今後の連続講座に申し込むという流れです。

 

 

これらのブースで説明してくれている方も池田市で類似事業を実施し、そこに参加した市民の方々です。(※一部枚方市の団体やプロの方もいます)

 

 

脳の健康チェックもありました。私は実年齢と脳年齢が一緒でした。(良かった)

 

 

イベントホールでは体組成計や、血圧測定なども実施しておりました。結果に基づき栄養士から食事のアドバイスなどもされていました。

 

市が委託しているイベントですが、民間企業が実施しているため、全体的なクリエイティブトーンがいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

当日案内のチラシ

当日のコンテンツの一つとして、宝塚歌劇団OGによるミニ歌劇体験というものもありまして、宝塚が出てくるのはさすが阪急阪神東宝グループですね。。

 

 

PFS/SIBの最新記事

     

    SNSにシェア
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    次の記事(2022/09/30)
    28日~30日の議長の仕事
    前の記事(2022/09/26)
    9月26日、本会議、市役所の位置条例が否決
    記事一覧