ブログ

牧野高槻線及び京都守口線の早期完成について

代表質問の内容です。

順次アップしております。

質問の詳細

【質問】

牧野高槻線及び京都守口線の早期完成について、お伺いします。市政運営方針の中で「周辺道路の安全対策や用地取得業務など、大阪府と連携し、早期完成に向けて取り組みます」と述べられています。この都市計画道路牧野高槻線及び府道京都守口線については、現在、大阪府により整備が進められていますが、大阪府との連携において、市は、どのような取組みを行っているのか、また、現在の進捗状況についてお聞きします。

【答弁】

牧野高槻線及び京都守口線の早期完成について、お答えします。本整備事業については、事業着手当初から地元調整など連携した取り組みを進めてきましたが、現在は、用地取得業務を受託するなど、より具体的な連携を図っています。現在の進捗状況としましては、大阪府において、道路の設計検討業務が進められており、昨年12月には、地元権利者を対象にした説明会を大阪府と合同で開催し、令和4年度からの用地取得に向けた測量業務に着手したところです。

【質問】

牧野高槻線及び京都守口線の早期完成について、本市の取り組み内容と現在の進捗状況については、理解しました。それでは、周辺道路の安全対策について、昨年の我が会派からの代表質問において、市長より「新規道路整備により影響のある周辺道路の安全対策については、本市としても重要な課題であると認識しており、整備を進めるにあたっては、府などの事業者と定期的に情報共有を行い、安全対策等について連携しながら進めている」と答弁されました。そこで、周辺道路の安全対策について、事業者である大阪府と現在どのような協議を進めているのか、お聞きします。

【答弁】

牧野高槻線及び京都守口線の早期完成について、お答えします。周辺道路の安全対策につきましては、本路線の整備により交通量の増加などが見込まれる周辺道路について、交差点改良や歩行空間の確保に向けた整備手法の検討など、事業者である大阪府と連携し、安全対策の具体化に向けた協議、調整を進めているところです。

【意見要望】

淀川を渡河する都市計画道路牧野高槻線及び府道京都守口線について、周辺道路の安全対策の取り組み状況については、一定理解しました。それでは、要望とさせていただきますが、都市間を結ぶ強靭な道路交通ネットワークの強化は重要と考えます。本市においてもこれらの都市計画道路が整備されることで、第二京阪道路や新名神高速道路などへの交通アクセスが良くなり、地域間の交流や物流が活性化されるなど、本市地域経済のさらなる発展が図られると考えます。その一方で、地域の方からは、これらの幹線道路の整備に伴う周辺道路の交通量の増加などに対する安全対策を求める声を、我が会派でも多数お聞きしており、これまで重ねて質問や要望を行ってきたところです。交差点改良や歩行空間の確保など、周辺道路の安全対策については、十分に認識いただいていると思いますので、今後も、道路整備を進めて行くにあたっては、地域の声をしっかりとお聞きし、引き続き事業者である大阪府と連携し、安全対策を着実に進めていただきますよう要望します。

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
次の記事(2022/04/05)
都市農業振興施策について
前の記事(2022/04/03)
ジェンダー平等の実現について
記事一覧