ブログ

コロナ陽性者対応隊を開始。自宅療養者への酸素投与など。

5月7日より枚方寝屋川消防組合で「コロナ陽性者対応隊」を実施いたし、自宅療養者に対して酸素投与などを実施するという報告がありました。

 

 

説明

新型コロナウイルス陽性者の搬送先の決定に長時間を要し、現場活動に従事している救急隊員の負担が大きくなっていることから、消防本部職員による「コロナ陽性者対応隊」を編成し、当該隊が救急隊に代わって自宅療養中の傷病者に酸素投与などの措置を実施する。

 

期間

令和3年5月7日(金)から当面の間(土日含む)
※今後の社会情勢の変化に応じて変更する場合があります。

対応隊について

消防本部の毎日勤務職員のうち、救急有資格者(救急隊経験者)で編成し、1日2名(救急救命士1名と隊員1名)の隊をローテーションで運用します。

対応隊の運用

運用時間

8時45分~17時15分

対象

自宅、施設等で療養中のコロナ陽性者

現地での処置内容

傷病者の観察(バイタル測定)、酸素投与、容態変化の場合の救命処置

対応隊の出動基準

救急隊の現場滞在時間が1時間を超えた場合に、関係課と調整したうえで対応隊が出動し、救急隊は帰署する。

その他

搬送先病院が決定した場合、傷病者の容態が急変した場合、酸素ボンベの交換が必要となった場合等は、直ちに救急要請する。

 

 

 

なかなか厳しい状況が続きますが、引き続き一人ひとりが感染防止に努めていきましょう。

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2021/05/09)
緊急事態宣言が5月末まで延長したことに伴い、枚方市の対応
前の記事>(2021/05/06)
コールセンターの回線の増設や予約サポートコーナの開設(枚方市新型コロナウイルスのワクチン接種)
記事一覧