ブログ

2019年の台風19号、枚方市への接近情報など-2

週末に接近すると言われている、台風19号について枚方市の防災担当部署から情報をいただきましたので共有いたします。

 

 

暴風域には入らない見込みでしたが、暴風警報が発令され、一時的に暴風域に入る見込みになりました。ご注意ください!

 

 

11日17時時点のものです。

 台風の概況について

11日12時現在、大型で非常に強い勢力の台風19号は父島の西北西およそ450キロの海上を時速約25キロで北北西に進んでいます。台風は今後も北寄りに進み、明日の夜頃に強い勢力で静岡県付近に上陸する可能性が高いとみています。その後は関東地方を通過し、温帯低気圧に変わりながら三陸沖に抜けると予測しています。台風の暴風域が広いため、本州の太平洋側を中心に、西日本から北日本の広い範囲で暴風や高波、高潮、大雨等に厳重な警戒が必要です。

枚方市における今後の予測

  • 枚方市への最接近時刻:12日(土)13時頃(※本市は暴風域には入らない
    見込みです。)
  • 降雨時間帯:12日(土)3時~13日(日)3時頃
  • 降雨のピーク時間(注意時間帯):12日(土)18時~13日(日)0時頃
  • ピーク時の時間雨量:20~30mm(最大値)
  • 台風の影響による総雨量:50~80mm(最大値)
  • 平均風速:15~20m/s
  • 最大瞬間風速:25~30m/s

枚方市としての対応

現時点では、枚方市は暴風域に入らないと予測されているため、事前の避難所開
設は予定しておりません。

このことにつきましては、別途、市のホームページへ掲載するとともに、校区コ
ミュニティ協議会会長および校区自主防災組織代表者へ個別にお知らせしています。
また、今後の進路によっては予測以上の影響をもたらす可能性もありますので、
引き続き情報収集に努めます。

 

 

 

とのことです。

 

昨日と同じで暴風域には入らないとのことですが、十分ご注意ください。関東は大変なことになりそうですが被害が出ないことを祈っております。

 

 

SNSにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
枚方市議会議員
木村 亮太
民間企業を経て2011年より枚方市議会議員。政治スタンスは未来に責任を持った政治。主な政策は行財政改革、人事給与制度改革、教育子育ての充実、持続可能な社会保障制度改革、ICTを活用したまちづくり。
前の記事>(2019/10/10)
令和元年度追悼式に参加
記事一覧