ブログ

2019年枚方市長選挙結果

2019年9月1日投開票の枚方市長選挙の結果が出ました。

 

  • 伏見 たかし
  • 大阪維新の会
  • 69,620

 

  • 大橋 ともひろ
  • 無所属(自民党推薦、連合大阪推薦)
  • 51,782

 

となり、伏見たかしさんの当選です。おめでとうございます!私も前回に引き続き伏見さんを応援している旨をブログで書いておりましたので、私のブログをご覧になって伏見さんに投票した方がいらっしゃいましたらありがとうございます。

 

また、候補者のお二人、選挙活動に従事した方々、投開票事務に携わった方々におかれましては大変お疲れ様でした。

 

 

投票率は

当日有権者332,165 人
投票者数122,568 人

 

ということで、投票率は36.9%。

 

前回は38.7%ですので、報道によると1.8%ダウンで史上3番目の低さだとのことです。

これは残念ですね。

 

投票率が下がった要因は、前回は維新系の市長(前回は公認ではなく推薦だったのでこういう表現にしています)が初登場したことや美術館の問題もあったのですが、今回はそこまで大きな争点にならなかったのでしょうか。子育てや駅前再整備のことが争点だったとはいえ、伏見市長の4年間も子育ては特に何もやっていなかったわけではないので争点化しなかったのか、子育て世帯の方々が投票に行かなかったのか、どうなのか。

 

これから伏見市政2期目が始まります。2期目は更なる実績が求められると思いますので、議会の一員として枚方市のために是々非々で臨んでまいります。

 

 

SNSにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
枚方市議会議員
木村 亮太
民間企業を経て2011年より枚方市議会議員。政治スタンスは未来に責任を持った政治。主な政策は行財政改革、人事給与制度改革、教育子育ての充実、持続可能な社会保障制度改革、ICTを活用したまちづくり。
<次の記事(2019/09/03)
尼崎学びと育ち第2回シンポジウムに。尼崎市の教育子育て政策は全国に先駆けてEBPMを取り入れてます。
前の記事>(2019/08/30)
2019年の枚方市長選挙の立候補者予定者の公開討論会の感想や、伏見市政について。
記事一覧