ブログ

光善寺駅の再開発の組合設立が認可されました。

担当部からの報告です。

 

枚方市駅前の再開発が話題になっていますが、実は?光善寺駅前も再開発の予定があります。

 

正式名称は「光善寺駅西地区第一種市街地再開発事業」です。

 

枚方市駅から寝屋川市駅までの京阪の線路が高架化されることに伴い、光善寺駅前にロータリーを作ったり、商業ビルを作ったり、マンションを作ったりする予定があります。ちなみに高架化される事業の正式名称については京阪本線連続立体交差事業です。

 

 

↓再開発後の光善寺駅前の様子です。

 

 

これまでの経過

 

2017年5月9日:光善寺駅西地区市街地再開発準備組合が設立

2018年3月28日光善寺駅西地区第一種市街地再開発事業等の計画決定

2019年8月15日光善寺駅西地区市街地再開発組合設立認可公告

 

今後の予定

 

実際に商業施設ができるのが約4年後、マンションが完成するのが約7年後、再開発全体が完了するのは10年後の予定です。こういった再開発は時間のかかる事業です。

 

 

地元の方と市で協議をしてここまで進んできました。

 

SNSにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
枚方市議会議員
木村 亮太
民間企業を経て2011年より枚方市議会議員。政治スタンスは未来に責任を持った政治。主な政策は行財政改革、人事給与制度改革、教育子育ての充実、持続可能な社会保障制度改革、ICTを活用したまちづくり。
<次の記事(2019/08/21)
2019年枚方市長選挙立候補予定者による公開討論会
前の記事>(2019/08/16)
2019年台風10号についての枚方市の情報-3
記事一覧