ブログ

枚方市でもエフビズモデルの企業支援を。

副議長という立場上、一般質問をいたしませんので会派の議員の質問を一部ピックアップしていきます。

この質問は今回初めて取り扱う内容です。

(池上議員が質問しました)

 

  • 伴走型の企業支援
  • 売り上げ拡大のための企業支援

と言われるエフビズモデルを枚方でも導入してはどうか?

という提案です。12月3日に視察に行って、さっそく12月定例月議会での提案です。紹介程度の提案ではありますがぜひ実施に向けて前向きに考えていただきたいと思います。

 

エフビズとは

中小企業の経営相談や起業支援を目的に富士市が開設した「富士市産業支援センター」の略称。公的産業支援の新しいコンサルティングで実際に約7割が売上増があったという。相談は無料。”行列のできる相談所”として注目を浴び9年間でのべ26,000件を超える相談が寄せられた。その産業支援の取り組みが、f-Biz流支援の無料相談施設として全国自治体の「Bizモデル」「ご当地Biz」として拡大しています。全国で今は20数か所設置されています。

 

↓関連記事です。

D-biz(大東ビジネス創造センター)に視察に行ってまいりました。

 

【質問】

次に「地域産業の育成及び振興について」ですが、人口減少、地方創生の時代ということで、枚方市でも、地元企業の活性化や雇用の拡大をめざし、色々な支援事業を展開しておられます。

枚方市で行われている、「地域活性化支援センター」でも、創業に係る相談なども行っておられるかと思いますが、この取り組みにおける内容と実績をお伺いします。

 

【答弁】

地域活性化支援センターでは、専門の相談員が、経営や創業など専門分野ごとに相談対応を行っています。また、創業を志す人達が交流する「ビジネスカフェ」や、創業に関するノウハウを実践的に学ぶ「創業実践塾」、低額の貸し事務所であるインキュベートルームの提供、その他、人材育成や経営等に資するセミナーの開催など様々な事業者支援を行っています。

平成29年度の実績としましては、セミナーでは、創業支援、販路開拓・拡充、IT活用などをテーマに56回開催し、延べ844人の参加がありました。また、年間の相談件数は242件となっております。

 

【質問】

次に、地域産業の育成及び振興については、枚方市においても、様々な支援事業を行っているという答弁を頂きましたが、

中小企業や起業家への支援活動の成功モデルとして、今話題になっている富士市産業支援センターの取り組み、略称で「エフビズ」という取り組みがあります。これはもともと中小企業の経営相談や企業支援を目的に、静岡県富士市が開設し、現在は、産業支援の新しいコンサルティング事業「行列のできる相談所」として、注目を浴びているものです。

相談は無料ですが、9年間で延べ26,000件を超える相談を受けています。

その特徴としては、企業、経営者、起業家に寄り添い、話を聞く中で、相談者と共に、現状の中から、強みや良いところを見つけ、伸ばしていき、解決の糸口を見出していく、そして問題解決のための具体的な提案をビズのスタッフである専門家集団の中で示していくというところにあります。

こうした「ご当地ビズ」は、全国自治体において拡大されており、現在は全国で20数か所に開設されております。

大東市では関西初のビズ、大東ビジネス創造センター、略称「Dビズ」が2017年2月にスタートし、会派の木村議員の熱い思いで視察させていただいてまいりました。こちらでは、売り上げアップ、プロモーションなど攻めの相談を行っています。

このような取り組みも参考にすべきではないでしょうか。お考えをお伺いします。

 

【答弁】

議員お示しの取り組みも含め、他の自治体の取り組みについても調査・研究を行い、より時代とニーズにあった効果的な企業支援に努めてまいります。

 

【意見要望】

Dビズのような、豊富な経験を有した常駐センター長を、全国公募により選出し、相談業務を行う施設は、大阪府内ではまだ大東市だけということですが、今後、開設を予定されている自治体もあると聞いています。

悩みを抱えた相談者には、さまざまな経験を有したサポーターが、相談者に寄り添って、親身にサポートし、ワクワクするような気持でお帰りいただき、「また相談に行きたい」と思っていただけるような施設であることが大切であると思います。

この先、これらのセンターどうしが、全国的なネットワークを構成する展開が期待される中で、枚方市もそこに参加できるよう、他の取り組みや効果をしっかりと把握し、施設の在り方や体制も含め、検討いただけますよう、要望しておきます。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
枚方市議会議員
木村亮太(きむらりょうた)

ご連絡はこちらにお寄せください。
hirakata[at]kimura-ryota.net

twitter
@kimura_ryota

友だち追加

未来に責任
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<次の記事(2018/12/18)
枚方市で保育所に子どもを通わせる保護者は、朝の忙しい時間にお昼ごはんを用意しなければならない?それも、3歳になった時から??
前の記事>(2018/12/13)
増え続ける社会保障費の抑制を。(データヘルス計画とジェネリックの利用促進)
記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加