ブログ

枚方市議会でオンライン委員会条例が可決。

枚方市でもオンライン委員会条例が可決しました。

正確には、

枚方市議会委員会条例を一部改正する形です。

新旧対照表をご覧いただくとこの通り、
オンライン委員会についての内容が盛り込まれました。

条件としては感染症や大規模災害、その他委員長が必要と認めるとき、オンラインで委員会に出席することが認められます。

議員がコロナに感染した場合や、家族が感染して濃厚接触者として自宅隔離になった時でもオンラインで委員会に出席することができます。

委員会条例の改正に向けて、これまで議会改革懇話会で話を進めてきました。

私も議会改革懇話会の座長としてこの条例を作るにあたり、関わってきましたのでうれしい限りです。

会派・会から出ていただいて、活発な議論をしていただいた懇話会のメンバー、そして懇話会の運営にあたり日々サポートしていただいた議会事務局には感謝です。議会事務局のサポート力は偉大です。

 

以前のニュースでは全国的にはオンライン委員会に対応するための条例改正をしている議会は5%程度ということですが、枚方市議会と同じく、この3月で条例改正される議会も多いのではないでしょうか。

 

※あくまでも委員会のみで、本会議はオンライン対応ができません。現段階では、本会議については法律でNGになっています。委員会は自治体レベルでオンラインにしてOKという話になっています。

枚方市議会としてはタブレットの活用も始まっており、議案書なども全てタブレットで見ることができペーパーレス会議となっております。

この条例は公布の日から施行されます。
→3月8日に可決されたので8日から有効です。

予算特別委員会が3月15日から開催されますので、コロナ等、上記のような事情で市役所に来れない場合もオンラインでの出席が可能となります。

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2022/03/08)
枚方市議会でロシアによるウクライナ侵略を非難する決議が全会一致で可決。
前の記事>(2022/03/07)
枚方市でウクライナ人道危機救援金を受け付けます。
記事一覧