ブログ

子育て世帯へ臨時給付金について。枚方市も10万円を現金一括支給。

本日の午前に給付金についての議案審議があり、可決されました。

 

会派の門川議員が質疑をいたしました。

 

間に合う人には年内に10万円を現金一括支給するということです。

 

所得制限についても今後考えていくという趣旨の答弁がありました。

 

 

【質問】

ただいま上程されました、令和3年度大阪府枚方市一般会計補正予算(9)の子育て世帯への臨時特別給付金について伺います。
本事業は1119日閣議決定を受け、本市においても18歳以下の子どもたちを支援する目的として、今回の補正予算に上程されております。先日我が会派から緊急要望書を提出させていただきましたが、給付金を支給するにあたり、所得制限などで国の補助の対処外となる方々における支援について、これまでも市で行なってきている独自支援についてどのように考えておられるのか伺います。

【答弁】

現時点では検討できていませんが、本市独自の支援策を今後考える中において、所得制限を行わないことを含めて検討してまいります。

【質問】

次に先行給付の次にあたる「残りの5万円給付」いわゆるクーポン給付と言われている支給分についてですが、現在、国で議論されているところでは、13日に衆院予算委員会で現金給付とクーポン給付が市町村によって選択できるとの見解が示され、本市においても、現金給付を行うと考えていますが、どのような方法を考えておられるのか伺います。

【答弁】

プッシュ型に支給対象者の方への支給については、年内に子ども一人当たり10万円を一括で支給することを考えています。
また、申請が必要な方についても、できる限り速やかに、現金を一括で支給できるよう手続きを進めてまいります。

【意見要望】

要望させていただいていた年内の現金での一括支給で進めていただくということで感謝します。職員の皆さんも年末の忙しいところ手続きをお願いします。
現在のところ小康状態ともとれる状況ですが、感染症の影響により未だ厳しい生活状況の方が多数おられます。
この給付金においてはコロナ国風のための経済対策として18歳以下の子供を追う良くされるものの制限を設けることで、不公平感があり、全ての子どもを支援する観点からも市独自で支援する必要があると考えており、速やかな対応を要望します。

関連記事です。

 

1月18日追記

所得制限撤廃して支給することなりました。

【枚方市】子育て世帯への臨時給付金(10万円)の所得制限撤廃が決定。

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
次の記事(2021/12/16)
やはり問題のあった観光交流施設の進め方。
前の記事(2021/12/09)
子育て特別給付金について会派として要望を出しました。
記事一覧