ブログ

御殿山小倉線の整備状況について、いつ開通するのか。

通学路の安全の件から派生して、御殿山小倉線がいつ完成するの?

という質問もいただきましたので、市に詳細を確認いたしました。

 

御殿山小倉線とは以下の道路です。

 

赤い区間については令和5年度開通予定です。

 

 

ツイッターで令和6年3月開通予定というふうにお答えしましたが、それは赤い方の部分についてです。オレンジの方については、赤い方が開通してから事業着手します。令和6年3月開通予定についても今後どれだけ国から予算がもらえるかによって進む具合が変わることもあります。

 

今年度は赤い区間の方の左端から270mを予算1億円をかけて整備予定です。

 

オレンジの部分については赤い区間が終わってからなので、整備完了は最低でも5~10年はかかると思います。

 

 

オレンジと白い点線のところは現時点でも道があるところです。計画上は幅を広げていくことになるのですが、家がたくさんあり、ここについても計画通りの道幅を実現するにしてもかなりのハードルはあると思います。

 

こんな事書くと、結局御殿山小倉線の全線はなかなか開通しないし、通学路の安全は守られるのか?というふうに思われるかもしれません。

 

こういう状況の中でできることを考えるというの重要ですし、

八街市の痛ましい事故を受けて、通学路の安全にかかる道路整備の補助金が付きやすくなり、当初の予定より早く道路が開通するという可能性もゼロではないと思います。

国では、通学路の安全に係る議論の際にこういう点も議論していただけると嬉しいです。

 

 

御殿山小倉線について、道路の整備状況をHPにアップしていただいております。 道路の状況が知りたい市民に届き、さらにわかりやすいページになればと思います。

 

 

御殿山小倉線整備事業

https://www.city.hirakata.osaka.jp/soshiki/28-4-0-0-0_4.html

 

 

 

8月末追記

下記の部分について令和3年9月頃(予定)から工事が着工します。

 

契約期間は令和3年7月26日から令和4年3月15日(予定)

作業時間は9時~17時です。

 

 

 

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2021/07/20)
令和3年第1回枚方京田辺環境施設組合議会
前の記事>(2021/07/18)
首位いわきFCとの試合は雷雨中止に。
記事一覧