ブログ

ワクチン接種の2回目の予約が取れなかった方の対応について

私も直接ご意見をいただいており、市にも伝えていた1回目しか予約ができなかった方への対応について、市として対応策が決まったので情報共有いたします。

 

1回目の接種から3週間後に予約ができるように割り当てをしていくということです。予約時期によって対応が違ってきますので以下ご確認ください。

 

5月7日からの予約受付で2回目の予約ができなかった方への対応

1回目の予約が5月17日から6月9日の方

1 回目の21日後が6月10日から6月30日の期間となるため、

医療機関の協力により拡充できた6月中の予約枠を割り当てします。そのため、市の指定した日時・会場となりますが、対象者には、メール及び電話により個別に連絡をいたします。

1回目の予約が6月10日から6月30日の方

1回目の21日後が7月1日から7月21日の期間となるため、

6月3日に設定する予約枠に「2回目専用」というタイトルで予約枠を用意しますので、各自予約を取ることができます。対象者には郵送により個別に連絡をします。

 

今後の高齢者のスケジュール及び予約枠について

国からのワクチン供給量は5月中旬以降大幅に増え、全員に接種可能なワクチンが供給
される予定です。

6月3日(木曜日)から開始する予約枠は、今後のスケジュールも含めて改めてお知らせします。

 

 

 

 

 

 

 

最終的に全員がワクチン接種できるようになりますのでお待たせいたしますが何卒宜しくお願い致します。

 

 

ワクチン接種において医療機関が頑張っていただいています。とてもとても頑張っていただいているところもあり、本当に感謝です。ワクチン接種に対するにボトルネックはワクチン供給量なのか?人員なのか?会場なのか?明らかにして市として解消できる部分は対応していっていただきたいですね。

 

ワクチンの供給量もある程度目処が立ち、医療従事者の体制が整ってきても、会場も必要ですからね。小さいクリニックでは待つスペースが確保できないという話も聞いております。

 

会場の問題であれば、市の公共施設を開放してもいいのではないかと思っております。今は特に緊急事態宣言中で、基本的に施設の利用は中止されています。6月で仮に緊急事態宣言が明けても、生涯学習市民センターのいくつかの部屋が集団接種の会場になっても異論を唱える方は少ないのではないかと思います。

 

高齢者のワクチン接種、約11万人が終わっても、その後は65歳未満の方のワクチン接種も始まりますので当面はワクチン接種は続くことになります。

 

 

※5月29日追記。ゆうき内科で独自に予約をされた方について。

1回目の予約受付締め切りの後、市内のゆうき内科さんが独自でワクチン接種の予約受付をしていた時期がありました。その方々については、ゆうき内科に確認したところ、

  • 2回目の予約もゆうき内科で取れるようにしていただける
  • ちょうど3週間後の同じ時間に予約を取るようにする

 

ということでした。万が一、3週間後の同じ時間が厳しい方は個別にゆうき内科さんと相談していただければと思います。

 

 

 

 

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2021/05/18)
開会議会2日目、所属委員会などが決まりました。
前の記事>(2021/05/17)
ワクチン
枚方市の余ったワクチン、予約キャンセル分のワクチンについて。
記事一覧