ブログ

FCティアモ枚方のJFL昇格に伴い陸上競技場を一部改修

FCティアモが昨年11月に行われた地域チャンピオンズリーグで優勝し、今年3月から始まる2021年度シーズンよりJFLに昇格します。これに伴い、枚方市陸上競技場でホームゲームを開催するために必要なフィールド基準を満たすために、物品購入等を行うことになったということです。

 

 

物品購入等の内容

人工芝の購入

現行の競技フィールドを今より横5m×縦4m拡張する必要があることを踏まえ、競技フィールド外で天然芝エリアが確保できないエリアについては、着脱のできる仮設の人工芝で対応する(両横の線審の走行路、コーナーキック部分、ゴール部分など)

 

 

競技フィールドの一部改修

競技フィールドの拡張に伴い、棒高跳びの支柱置きとして使用するコンクリート土台(2か所)を撤去し、天然芝に変更するなど軽微な改修を行う。

 

物品購入等の予算について

人工芝は物品購入、競技ピッチ内の改修は小規模修繕により令和2年度の良さ案を活用して対応します。

 

【その他参考】第23回JFLシーズン(2021年)予定等について

シーズン期間(予定)

3月14日(日)~12月5日(日)※終了後にJFL・地域リーグ入れ替え戦開催予定

対戦カード等発表(予定)

1月15日(金)※試合会場発表は、1月29日(金)

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2021/01/13)
2回目の緊急事態宣言中の枚方市の対応
前の記事>(2021/01/11)
成人の日。枚方市の成人式は延期になりましたが。
記事一覧