ブログ

枚方市教育委員会の熱中症対策について。スポーツドリンクもOKになりました。登下校中マスク外してもOKです。

梅雨明けはまだとのことですが暑くなってきていますので熱中症に気をつけてください。

 

今年はコロナの影響で、夏休みが短いです。

コロナの影響で休校をしていたため枚方市の小学校と中学校の夏休み・冬休みが短縮となりました。

 

暑い時期にも学校に行かなければならないので熱中症対策としての水分補給は大事です。

 

この水分補給のルールが学校によって差がありました。

スポーツドリンクがOKな学校とそうじゃない学校、スポーツドリンクを飲むとしたら部活の時に限る、など、違っていたので、市内の公立小中学校の統一を求めてきました。せめて、小学校は小学校で統一、中学校は中学校で統一、にというはなしをしておりました。

 

 

先日の6月議会取り上げていた件。マニュアルが作成

熱中症対策、飲み物についても枚方市内の学校で差が出ないように。

 

今回熱中症対策のマニュアルが作成され、個人的に長年協議をしてきた学校へのスポーツドリンク持参もオッケーと記載されています。

 

詳細はコチラです。

熱中症対策対策マニュアルについて

https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000031105.html

 

 

スポーツドリンクの持参についての該当部分。

マニュアルのP6です。

 

この件については結構前から話をいたのですが、全然変わらなかった案件です。

 

コロナがあって、夏休み期間が短くなり、8月も授業があったからこそ、マニュアルができて、スポーツドリンクについての言及もあったように思えます。逆に、通常通りであれば変わっていなかった可能性も高いです。

学校と教育委員会の関係はとても複雑です・・・。

 

 

中毒事例にご注意を

ちなみに、スポーツドリンクについては、スポーツドリンクを入れていた金属容器から溶け出した金属成分による中毒事例がありますのでご注意ください。

 

詳細はこちらをご確認ください。

金属製の水筒に飲み物を入れる際の注意点はありますか?

  • 金属容器から溶け出した金属成分による中毒事例があるって本当ですか?

https://www.foodfaq.metro.tokyo.lg.jp/modules/faq/?action=Detail&faqid=119

 

  • 酸性のスポーツドリンクを入れていても通常・短時間では金属が溶けることがない
  • 長時間もしくは傷のついた金属製容器なら溶け出す可能性がある。
  • スポーツドリンクだけではなく、酸性のドリンクについて言える話
    • 炭酸飲料、乳酸菌飲料、果汁飲料、スポーツ飲料など、炭酸、乳酸、ビタミンC、クエン酸(柑橘類を始めとする果物に多く含まれます。)などを多く含む飲み物は、酸性度が高い

 

 

通常の傷のついていない水筒であれば大丈夫だと思いますがご注意ください。

 

ちなみにペットボトルのまま持って行った場合も、以下のような危険性がありますのでこちらも共有しておきます。

 

 

 

https://www.fsc.go.jp/kids-box/kidsbox_magazine/index.data/kidsbox_p06_p15.pdf

の4Pです。

 

 

登下校中はマスク外しても大丈夫です。

同じくこのマニュアルの中には、登下校中のマスクについても外しても良いとなっております。暑いですからね・・・。

 

 

スポーツドリンクに関わらず学校の話で?がありましたら。

 

最近、東京都議会では「ツーブロックは校則禁止なのか」と言ったことが話題になりました。私は高校生ならツーブロックはありだと思います。(今の私の髪型もそうなっていますし)

 

学校現場では様々に検討してこういう結果になっているのですが、少し世間の感覚とはずれているのではないか?と思うこともあります。

 

そういうことのように、枚方市立の小学校・中学校や教育委員会が決めていることで不思議だと思うことがあれば、いつでもご連絡ください。

 

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2020/07/23)
香里ヶ丘図書館の事前内覧会と開館記念セレモニー
前の記事>(2020/07/13)
楠葉の浸水対策工事が2019年の末からストップしている件。
記事一覧