ブログ

給食調理場の跡地活用の議論を早急に着手すべし

6月定例月議会本会議初日の質疑です。

質問の趣旨

こちらの質疑は用途の廃止が決まっている第三学校給食共同調理場の跡地活用の議論を早いタイミングで進めていきましょうというお話です。

 

 

これまで活用してきた第三学校給食共同調理場(小学校の給食を作っているところ)。

 

老朽化に伴い、別の調理場の機能を拡充するなどを進めてきて、最終的にこの共同調理場で給食を作る必要がなくなるところまで進めてきました。

 

この施設が不要になるため、今後の活用(売却も含めて)の議論を早く進めていくべきです。

 

質問の詳細

【質問】

ただいま上程されました議案第32号枚方市立学校給食共同調理場設置条例の一部改正について伺います。

まず、第三学校給食共同調理場の老朽化対策事業として、さだ西小学校や藤阪小の給食調理場の整備完了に伴い、第三学校給食共同調理場を廃止するとのことですが、廃止時期はいつごろになるのか。

 

【答弁】

第三学校給食共同調理場の廃止の時期については、さだ西学校給食共同調理場が供用を開始する日であり、今年度中には廃止となる予定です。

 

【質問】

さだ西共同調理場が供用開始された後は、今年度中に第三学校給食共同調理場は運用停止するとのことですが、その跡地の活用についてはどのように考えているのか伺います。

 

【答弁】

第三学校給食共同調理場の跡地活用につきましては、本市の様々な行政課題への対応を図る観点から、全庁的な検討を進めてまいります。

 

 

【意見要望】

資産活用の検討にはどうしても時間がかかる印象を持っています。実際に運用停止は今年度中ということですが、有効活用のために、この条例改正が可決したタイミングで、できるだけ早くに公共施設マネジメント推進委員会の議題の1つにしていただいて、早期に議論を進めていただきたいと要望します。

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2020/06/13)
ストレージ32GB、通信容量LTE1か月3GBで長期間のオンライン授業は可能??
前の記事>(2020/06/12)
枚方市の新型コロナウィルス補正予算第4弾が可決。
記事一覧