ブログ

令和2年第2回枚方寝屋川消防組合議会

今日は枚方寝屋川消防組合議会でした。

今回は年度が変わって初めての議会ですので、議会の議長、副議長などを決めるのがメインの議会です。

 

管理者である伏見市長から、不祥事対策の取り組み、交野消防との広域化の話、消防職給料表の導入などについても冒頭で話がありました。

 

議長は枚方選出の前田議員、副議長は寝屋川選出の金子議員、監査委員は寝屋川選出の中川議員になりました。

 

議会運営委員会には枚方から、漆原議員、妹尾議員、野口議員、寝屋川から岡議員、津j谷議員、福田議員が選出されました。

 

10時にスタートし、途中で日程追加のための議会運営委員会の開催も含めて11時ころに終わりました。

一般質問も実施され、2人の議員が新型コロナウィルス対応についての内容を質問しておりました。

 

一般質問の内容はざっくりですが以下のような話。(聞き漏れ書き漏れはご容赦ください)

 

  • 救急車の出動件数はどうだったか?
    →昨年度より1割減
  • 4回以上断られる搬送困難事例(救急車のたらいまわし)はどれくらい?
    →昨年度より減少。受け入れ要請のネットワークも構築している
  • このような取組も市民に周知していくべき。
  • コロナ感染疑いの方の搬送状況は?
    →105件、うち陽性者は14件、コロナの専用救急車を1台用意している。
  • コロナ関連の業務に従事した職員への手当は?
    →搬送業務に携わる人は日額3000円で制度の詳細設計中
  • マスク等の保有状況は?
    →現段階では十分にあるが、第二波、第三波に備えていく

 

 

消防組合議会の関係の次回の予定は7月10日の午後スタートの全員協議会です。

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2020/06/12)
エフエムひらかた:これまでの利益剰余金を使わない自立経営を
前の記事>(2020/06/04)
一人一台のタブレット端末の整備。お金をかけるものだからこそ効果検証を。また学校からの資料や情報のデジタル化・オンライン化の促進も。
記事一覧