ブログ

枚方京田辺環境施設組合議会 令和2年第1回が開催

今日の午前中は総務委員協議会が、午後には枚方京田辺環境施設組合の議会が開催されました。

 

 

このブログは午後の内容です。

 

 

案件は国の人事制度の変更に伴い、地方公共団体の人事制度も変更があり、その条例改正が2件。

また、オオタカの影響により、施設整備が遅れることに関連して、補正予算。

そして、来年度の令和2年度の一般会計予算の審議。

2人の議員による一般質問がありました。

 

 

14:00スタートで14:40頃には終了しました。

 

オオタカの影響の件の詳細は下記のブログをご覧ください。

新しい清掃工場(ごみ焼却施設)の完成が2年遅れます。

新しい清掃工場の建設予定地の近くに、オオタカという京都府で絶滅のおそれのある野生生物として指定を受けている野鳥の巣があるため、生態系に配慮しながら施設の建設を進めるため、当初の予定より2年完成が遅れます。令和3年完成予定が令和5年完成予定になっています。

 

 

当日の資料です。

 

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
枚方市議会議員
木村 亮太
民間企業を経て2011年より枚方市議会議員。政治スタンスは未来に責任を持った政治。主な政策は行財政改革、人事給与制度改革、教育子育ての充実、持続可能な社会保障制度改革、ICTを活用したまちづくり。
<次の記事(2020/02/21)
新型コロナウイルスの対応で枚方市のイベントも中止に。
前の記事>(2020/02/14)
新型コロナウイルス感染症に対する枚方市の対応(令和2年2月14日(午前)現在)
記事一覧