ブログ

第71回枚方市成人祭に参加。会場ごとの出席率

成人祭に参加させていただきました。

 

 

新成人の皆様おめでとうございます!

 

 

新成人の言葉。

 

 

枚方市は一箇所で実施するのではなく、各中学校が会場となる地域分散方式です。

 

私の時は中央方式?というのか市内一か所(ひらぱー)でした。その数年後から今の地域分散方式になっています。

 

分散型がいいのか、集中方式がいいのかについてはメリットデメリットありまして。

 

 

■分散型

●メリット

・友達を見つけやすい

・各地域の特色を出せる

・家から近い

(着物など来ている女性からすると近い方がいい?車で送ってもらう?)

●デメリット

・地域の方々の負担が大きい

・私立通っていた人にとっては友達が少ない

(集中でもそうかもしれませんが、より度合いが強まります)

 

 

■集中型

●メリット

・高校などの友達にも会える可能性アリ

・一か所なのでコスト的に抑えられる

 

●デメリット

・枚方市の規模になると会場探すのが大変

・ひらぱーで実施していた時の場合、講堂のような場所に全員入らず、話を聞かない。

・暴れたり、ケンカのリスク大?

 

 

ざざっとあげてみました。個人的には、私自身が一か所でしたので、一か所がいいと思っていましたが、突き詰めていけば分散型もいいと思っています。

 

毎度UPしているかもしれませんが、

地域分散型でやるなら、ここまでの成人祭できるといいと思います。

http://ameblo.jp/kimura-ryota/entry-11976699289.html

 

その時の冊子も素晴らしいと思います。

http://ameblo.jp/kimura-ryota/entry-11976622568.html

(今見返すと色々と偉そうなこと書いてますね・・・)

かなり製作は大変だったと思いますし、

単発になってしまったのが残念です。

 

 

 

今年の全体冊子の中の新成人企画の部分は地元感・枚方感が結構出ていたのではないかと思います。

 

 

 

枚方中学校の成人対象者は206人。

 

今回の枚方中学校の会場設営は女子バスケットボール部の部員も手伝ってくれたとのことです。ありがとうございます。

 

新成人の皆様、これからいろんなことに挑戦していってください!

 

そして、自分が住むまち、枚方のことにも少し興味を持っていただければ幸いです。

 

 

ちなみに、民法改正により2022年からは成人の年齢は20歳から18歳になるのですが、枚方市の成人祭?はたちの集いは引き続き20歳の時に開催される予定です。

 

枚方市の成人式は今後も20歳の時期に実施。成年年齢引き下げに伴う成人祭の対応について

 

 

 

会場ごとの出席率です。

※1月29日追記。

 

結構が差がありますね。平均は約70%。中宮中学校、山田中学校は関西外大生がいるためこのくらいの数値になっているのでしょうか。

 

 

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2020/01/14)
枚方市の地方創生の計画を振り返る。
前の記事>(2020/01/12)
第31回天の川とんど祭にお邪魔しました。
記事一覧