ブログ

枚方市の保育士の処遇改善のために月1万円上乗せ(新規も継続も)

待機児童対策のためには、保育園の定員を拡充していくことが必要です。定員を拡充するためには保育士の数を増やすことも必要です。

 

ということで、枚方市の保育所で働いてもらうために、保育士の処遇改善策も実施されます。

 

他の自治体では例えば、最初の3年だけのように勤続年数の制限があったり、1年目は1万円、2年目は5千円など年数に応じて減額されるところもありますが、

 

 

枚方市の場合は、勤続年数に関わらず、すべての保育士が月額1万円上乗せです。

 

こちらも令和2年(2020年)の当初予算が可決されれば4月から実施予定です。

詳細は以下のようになっております。

 

【対象】

市内の私立保育所(園) 、認定こども園、小規模保育施設で勤務する正職員の保育士・保育教諭・看護師

【雇用促進】新規採用の方はコチラ

令和2年4月以降初めて市内の私立保育所(園)等で採用された者に、月額10,000円×勤務月数(最大年間12万円)を支給する。(対象者: 100人)

【離職防止】2年目以降の方はコチラ

採用後2年目以降の者で、年度末まで勤務継続した場合に、月額10,000円×勤務月数(最大年
間12万円)を支給する。(対象者:800人)

 

 

月1万円だけではまだまだインパクトがないのかもしれませんが、保育士全員の処遇改善といっても月1万円アップするだけで予算としては1億円かかります。

 

これも枚方市の独自の財源の中で実施されます。

 

子育ての充実という点で言うと、こちらの施策で1億円。第2子の無償化で4億円。

 

子育てにはお金がかかりますが、お金がかかってももっともっともっと充実していくべきと思っております。

 

 

 

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2020/01/05)
出張財政出前講座with SIMふくおか2030 in かわにしに参加!事業の取捨選択って本当に難しいですね。
前の記事>(2020/01/04)
枚方市は令和2年(2020年)4月より第2子の保育料の無償化が始まる予定です。2人目からは保育料がかかりません。
記事一覧