ブログ

枚方市のコワーキングスペース、SHINCRUの1周年イベントに参加!

9月17日は枚方市にあるもう一つのコワーキングスペース、SHINCRU(シンクル)の1周年イベントに参加しておりました。枚方市においてはこちらの方が元祖です。

 

 

 

SHINCRUとは

枚方公園から歩いてすぐのところにある鍵屋別館の中のコワーキングスペースです。

 

SHINCRUという名前の由来は

  • S:Study(学ぶ・修める場所)
  • HI:High(高める・高まる場所)
  • N:New(新たなる・広がる場所)
  • C:Create(生み出す・創り出す場所)
  • RU:Run on(上記4つが絶えず続く場所)

という4つの言葉を組み合わせているとのことです。

SHINCRUの料金体系

 

レギュラー会員 ¥9,800

毎日 7:00〜23:00利用可能。

学割会員 ¥5,800

毎日 7:00〜23:00利用可能。

ナイト会員 ¥5,800

毎日17:00〜23:00利用可能。

 

月額会員のオプションとしてロッカー利用や住所利用などもあります。(別途料金アリ)

 

 

※2019年9月時点のものです。詳細はSHINCRUのHPをご覧ください。

もう一つのコワーキングスペースヴィーゴとの違い。

ヴィーゴのオープニングイベントにも言っておりましたので、その内容はコチラをご覧ください。どちらもwifi完備など一般的なコワーキングスペースの昨日は備えていますので、そうじゃない部分で言うと、

 

景色がきれい

こんな感じですで、淀川が一望できます。

 

 

 

 

良い椅子がある。

アーロンチェアです。少し座らせてもらいましたが、座り心地抜群でした。

 

パーティの様子

 

おいしそうな料理です。

 

まとめ

 

枚方市にはもう一つがコワーキングスペースができました。ビオルネの中にできたヴィーゴです。SHINCRUの方が前からあり、ヴィーゴの方が大規模(スペースや施設的に)です。それぞれの好みに合わせて選ぶのがいいと思います。

 

 

どちらも頑張っていただいて、フリーの人でも暮らしやすい街や新しい何かが生まれる場所になればなと思います。

 

これからどんどん働き方も、働く場所も自由になっていくと思います。

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
枚方市議会議員
木村 亮太
民間企業を経て2011年より枚方市議会議員。政治スタンスは未来に責任を持った政治。主な政策は行財政改革、人事給与制度改革、教育子育ての充実、持続可能な社会保障制度改革、ICTを活用したまちづくり。
<次の記事(2019/09/19)
2020年から3歳以上も公立保育所での完全給食が実施となります。
前の記事>(2019/09/18)
文教委員協議会~学校園運営に係る取り組みについて~
記事一覧