ブログ

今日は第1回の枚方京田辺環境施設組合議会の臨時会です。

今日は表題の通り組合議会の臨時会がありました。

 

枚方京田辺環境施設組合とは・・・

ざっくりいうと、枚方市の穂谷川清掃工場の後継施設として、枚方市と京田辺市が合同で新しい清掃工場を建てます。2市で共同運営するため、共同体として組合を作っております。職員もお金も枚方市と京田辺市で出し合って作っております。お金は一部国からの補助金あります。

新しい清掃工場は2023年度に稼働予定です。

場所はこちら。京田辺市につくられますが、市の境で東部清掃工場からも近いです。

 

歳入/歳出(平成31年度予算ベース)

197,396,000円

このうち、181,941,000円が各市からの負担金、国からの補助金が15,453,000円です。

181,941,000円のうち、枚方市は107,589,000円、京田辺市は74,352,000円です。ゴミの量を踏まえての負担金ですので40万人の枚方市の方が負担金が多くなっています。

 

京田辺環境施設組合組合議会とは・・・

この組合にも議会があります。枚方市があって、枚方市議会があるように、京田辺環境施設組合があり、京田辺環境施設組合議会があります。

 

この内容に関連しますが、この新しい施設の処理能力に間に合わせるためには、可燃ごみをさらに減らしていかなけばなりません。

その一環として紙ごみの回収も始まっております。

ごみ減量のため、2019年6月から枚方市では月2回古紙の分別回収が始まります。

 

 

 

今日の内容

といいますと・・・、今日は議会の中の役職を決めるだけの議会です。

 

14時にスタートして14時17分には終了しました。

 

議長には枚方市選出議員の野村議員、副議長には京田辺市選出議員の上田議員、監査委員には枚方選出議員の藤田議員が選ばれました。

 

この組合議会は東部清掃工場の会議室を使って開催されました。

東部清掃工場全体が入るように引きで撮っていただきました。木村はかなりちっちゃくなりました。

 

 

SNSにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
枚方市議会議員
木村 亮太
民間企業を経て2011年より枚方市議会議員。政治スタンスは未来に責任を持った政治。主な政策は行財政改革、人事給与制度改革、教育子育ての充実、持続可能な社会保障制度改革、ICTを活用したまちづくり。
<次の記事(2019/07/27)
尼崎は市として教育委員会としてフリースクールを紹介しています。
前の記事>(2019/07/22)
2019年参議院選挙の結果。(大阪府、枚方市)
記事一覧