ブログ

枚方市の浸水対策の取り組みについて工事現場見学会(さだ・光善寺地区)

1月15日は工事見学会に行っておりました。

 

京阪電鉄沿いに走る府道八尾枚方線(光善寺駅の横の道)の道路下に雨水貯留管の整備を進めています。

  • 管の内径:3.5m
  • 距離:1.2km
  • 貯水能力:25mプール約36杯分の雨水を貯めることができます。
  • 契約金額:約26.6億円
  • 工期:2019年3月15日

度重なる浸水被害が発生した蹉跎(さだ)地区の被害を軽減すべく、工事を実施しています。

赤線の部分が貯留管が入る箇所です。実線が工事完了している部分、点線がこれから工事をする部分です。

 

全体の工法の概略図です。シールドマシンで穴を掘って、壁を作っていきます。

 

 

中の様子をなかなか見ることができないので、貴重な経験になりました。みなさまもぜひご覧いただければと思います。

 

 

丸を付けている発進立坑の部分

 

トンネルの壁になる部材(セグメント)がおいています。

 

発進立坑の上から下を見た写真(深さは約30mです)

 

 

 

発進立坑からトンネル部分に入るところでパチリ。

 

 

 

 

曲がっているところ

 

ちょうど丸を付けている部分です。

 

 

奥まで歩いて行って。

 

 

 

 

さらに奥まで行きまして。

 

 

先頭部分。ちょうどセグメントを貼り付けていっているところです。

 

こちらの概略図だとこのあたり。

 

 

運転室。

概略図だとこの部分。

 

 

先頭部分から次を後ろに出すための台車。

ちょうど土を運んでいるところです。

 

概略図だとこの部分。

 

発進立坑の部分まで土を運んでクレーン車で地上にもっていきます。

 

概略図だとこの部分。

 

地下に作っているものなのでなかなか見る機会がない、知ることがないものですので、このようにブログにまとめました。

 

完成後は浸水被害が軽減されます。

 

下水道部の皆様、関係事業者の皆様におかれましては、安全第一で工事に臨んでいただければと思います。

 

 

枚方市のHPにも浸水対策の取り組みをまとめております。

よろしければこちらもご覧ください。→枚方市HP

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
枚方市議会議員
木村亮太(きむらりょうた)

ご連絡はこちらにお寄せください。
hirakata[at]kimura-ryota.net

twitter
@kimura_ryota

友だち追加

未来に責任
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<次の記事(2019/01/25)
はたちのつどいの中学校区ごとの当日参加者数
前の記事>(2019/01/18)
枚方市議会として災害対応の訓練
記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加