ブログ

今回の衆議院選挙、中司さんを応援しております。

表題の通りですが、衆議院選挙中司さんを応援しています。

 

中司さんの動画

 

 

 

理由①

私の政策が維新の考えに近いから。

しがらみのない立場からの行財政改革や子育て教育への投資も私も主張しており、近いところがあるからです。

また、国政においてはまだまだ議席が少ないので国政の情報公開をする立場を担っていただきたいと思います。

今のコロナ禍で、本当に正解が中での対応が迫られていると思いますので、自民党のコロナ対策やこれまでの国家運営について全否定はしませんが、問題がゼロでもないとおもいます。また、一強になると緊張感がなくなるので、緊張感を持たせるためには他の党が一定程度の議席を確保している事が必要です。

理由②

中司さんのこれまでの実績。

厳しい財政状況の中で、行財政改革の実施と市民サービスの向上、都市基盤整備等を進めてきた枚方市での手腕があるため、国政でもその手腕が期待されます。

また、首長経験者なので、国と地方の関係は十分すぎるほどわかっていると思いますので、その経験を活かして地方分権改革にも取り組んでいただきたいと思います。

 

 

※過去の事件について

言及される方もいらっしゃいます。
私も当時のことは報道されている以上のことはわからないです。

もちろん有権者としては過去のことも含めて判断される方は判断したらいいと思います。

詳細はwiki見てください。

 

私自身社会人なりたてて、ちょうど関東に引っ越ししたところで「地元で残念なニュースになってるな」くらいしかわかりません。

有罪判決が出ているのも事実ですし、一方で本人は冤罪を主張し、最高裁まで上告しています。そのご棄却はされています。

 

その後に、執行猶予期間も満了していますし、

枚方市からの退職金の返還命令にも応えて、市と協議の上、返還しています。

具体的には、2期分5000万円の返還請求がありましたが、最終的に話し合いの上1期分の2500万円程度も支払っています。

返還請求したのは前市長。中司さんと選挙で戦った相手なので政治的にも全力でつぶしにいきますよね。

その後、府議会議員に出て当選(2015年、2019年)という感じで一定禊は済んでいるという考え方もできます。

もちろんこの衆議院選挙に立候補する権利もあるわけなので、立候補して問題ないと思います。

今でも「一度でも有罪判決を受けたものは許さない」という方は別の方にすればよいと思います。

ただ、今は再チャレンジが許される社会にしていこうという流れもありますので、過去のことでずっと言い続けるのもどうなのか、とも考えます。

(もちろん事の大小にもよりますが)

日本全体で言うと、他にも有罪判決を受けても国会議員に当選し続けている人もいるので、それも含めて民意だと思っています。

過去の過ち(か本人の主張を借りると冤罪なのかはわかりませんが)はどうしても付きまとってしまう部分はあると思います。本人もそれを承知の上で選挙に出ていると思います。

他候補の演説ではそこを突っ込んでいる方もいらっしゃいました。

 

明日は投票日です。

期日前投票行ってない方は、ぜひ明日投票に行きましょう!

 

 

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2021/11/01)
衆議院選挙2021結果と振り返り
前の記事>(2021/10/28)
枚方市の創業支援と外部人材の活用について
記事一覧