ブログ

地方創生とビール

木下斉さんの『地方創生大全』を読みました。

いつも通りの木下節、切れ味抜群の内容です。

 

行政の補助金だよりでまちが活性化するはずがない。まちを活性化するためには、民間主導でスモールスタートで、試行錯誤しながらも稼ぎをつくって事業を大きくしていくことが大事。

 

人口増加期は需要過多だったので、供給するだけで儲かったが、人口減少期には供給過多になるので、需要を見込んで事業を実施していくべき。

福祉的な事業についての補助金まで全てにおいて補助金を否定するものではありませんが、『活性化』『にぎわいづくり』というような言葉を使うのであればこういう考えで取り組んでいくべきだと思います。

 

 

 

地方創生の取り組みで言うと知人がクラフトビールを作っています。

こちらも補助金なしです。

クラウドファンディングをしていたので購入していただきましたが、おいしかったです。

こちらからぜひ!

 

 

枚方でも枚方ビールというのと、最近枚方産のホップと湧水を作ったビールを作るプロジェクトが始まっているようです。↓一回飲みたいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@hotani_hop_projectがシェアした投稿

 

 

 

枚方ビールについては今年の4月に飲んだのですが写真がこれしかなかったです。こちらもおいしかったです。枚方T-SITEの地下1階で売ってます。

 

 

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2020/12/31)
2020年振り返り
前の記事>(2020/12/27)
ストップしていた楠葉の浸水対策工事が再開して、現在の状況と今後について。
記事一覧