ブログ

2021年 東京2020オリンピック聖火リレーと枚方市での聖火リレー実施日※4月7日追記。感染拡大を受け中止に。

もともと、東京オリンピックの聖火リレーのコースに選ばれていた枚方市。その後、皆様ご存知の通りコロナの感染拡大に伴い、オリンピック自体が延期となり聖火リレーも中止となりました。

 

当時の聖火リレーのコースや予定など。

 

2020東京五輪、枚方市の聖火リレーのコースです。※オリンピックの延期により中止

 

2021年開催に向けて、枚方市の聖火リレーについて報告がありましたので共有いたします。

 

枚方市で聖火リレーが実施されるのは来年の4月13日です。セレモニー等についてはコロナの状況を見極めながらということです。

 

 

本市におきましては、令和3年(2021年)4月13日(火)に実施されることとなりますが、ニッペパーク岡東中央での最終ランナーを迎えるセレモニーやスタート地点、ゴール地点で行われる予定であったイベントなどについては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大への対策を踏まえ、実施内容等について検討を進めています。

 

 

●大阪府の通過市町村〈令和2年(2020年)10月末現在〉

令和3年(2021年)4月13日(火)(聖火リレー枚方市実施日)
堺市⇒東大阪市⇒門真市⇒枚方市⇒豊中市⇒池田市⇒箕面市⇒茨木市⇒吹田市

令和3年(2021年)4月14日(水)
泉佐野市⇒貝塚市⇒和泉市⇒岸和田市⇒大阪市⇒太子町⇒柏原市⇒羽曳野市・藤井寺市⇒大阪市

 

●前回からの主な変更点

①準備・実施内容の簡素化
東京2020大会は全ての大会関係者と一体となって簡素な大会を実現するものとしており、聖火リレーについても、聖火リレー隊列やイベントの簡素化・効率化を図るものとされています。

②新型コロナウイルス感染症対策
聖火リレーの新型コロナウイルス感染症対策については、安全・安心なリレーの実施に向けて組織委員会において検討しているところであり、2021年1月までに具体的な対策案が公表される予定です。

③その他
聖火ランナー数、聖火リレールートなどについては、現時点で大きな変更はなく、前回と同様に実施される予定です。

※その他詳細につきましては、今後状況に応じて適宜情報提供させていただく予定です。

 

 

それにしても、2021年 東京2020オリンピックって2021なのか2020なのかなかなかわかりにくい表現ですね。延期になったからですが。

 

さて、この状況でできるのか?というご意見も多いかと思いますが、やるならやるでどうやったらできるかを考えるべき、と体操の内村選手が発言していた報道を見てなるほどと思いました。

 

 

今のところ2021年7月23日が開会式で、8月8日が閉会式ですね。

https://tokyo2020.org/ja/schedule/

 

が、その報道の時よりもまた感染者が増えている中でまだ課題はありますね。海外からの観客をOKにするのかどうか。国内の観客でも実施するのか?

 

コロナに関してはワクチンの開発も進んでいるというニュースもあり、それ次第の部分もあるかとは思います。

 

引き続き続報があればまたブログにアップいたします。

 

よろしくお願いします。

 

 

※4月7日追記。

大阪府内のコロナの感染拡大を受け4月7日付で聖火リレーの中止が決定しました。残念ではありますが致し方ないですね。

 

 

 

 

SNSにシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2020/11/24)
FCティアモがJFLに昇格!おめでとうございます。今後について。
前の記事>(2020/11/19)
子育てはリフレッシュできないという問題。
記事一覧