ブログ

天野川のセイタカヨシが今後の枚方市の特産品に?

天野川のセイタカヨシをご存知でしょうか?

 

 

 

枚方市ではセイタカヨシをふるさと名物にするプロジェクトが立ち上がっています。セイタカヨシとは、冬でも枯れないイネ科の植物。天野川に生息しています。これまで食品に加工されたことはありません。

その報告書。

 

セイタカヨシの葉をフリーズドライ粉砕したパウダー(ヨシパウダー)を分析にかけたところ栄養価がすごく高いことが判明。ただし、フリーズドライ粉砕していることで数値が大きくなって言う可能性もあるとのこと。

 

ただ、上記の枚方市・交野市の市民へのアンケートからも、セイタカヨシの知名度は低く、粉末が加工食品として販売されていることも認知されていません。

 

 

枚方交野で特産品にしようとヨシパウダーを使ったクッキーやケーキ、パンなどを試作品で作ってきました。今後このヨシパウダーを使ってくれる事業者を募り、ふるさと名物にしてまちの活性化にもつなげていきこうとしています。

 

 

 

 

 

枚方市はこのページで、協力者を募ってます。興味のある方は是非アクセスしてみてください!

価格は1袋200g入り2000円。

製造原価は1袋4000円以上かかっていて本事業で収益を得ようというものではないとのことです。

 

食品開発の世界は競争率が厳しく、ヒット商品も出にくいので行政が手を出すべきではないという意見もありますが、せっかくいろんな方が知恵を絞って頑張っているのでいい方向に行けばいいなと思います。効果や広がり、事業費との兼ね合いについては今後チェックしていきます!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
枚方市議会議員
木村亮太(きむらりょうた)ご連絡はこちらにお寄せください。
hirakata[at]kimura-ryota.net
twitter
@kimura_ryota
Facebook
友だち追加
未来に責任
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SNSにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2019/02/24)
ひらかたポイント制度について
前の記事>(2019/02/22)
枚方市茶華道協会 華展 「暮らしに花を」
記事一覧