ブログ

枚方市のチャレンジテスト(学力テスト)の結果

枚方市の学力テストの一つであるチャレンジテストの結果が公表されました。

 

  • チャレンジテストの目的
    大阪府教育委員会、市町村教育委員会及び学校が、生徒の学力の状況をつかむことで、教育の成果と課題を明らかにし、今後の教育に活かす。
    生徒一人一人が、自分の学習の到達状況を正しく知ることにより、自分の学力に目標を持ち、また、その向上への意欲を高める。
    大阪府教育委員会が、調査結果を使って、大阪府公立高等学校入学者選抜の調査書に期待する評定が公平性の高いものであるかを確認する資料を作成し、市町村教育委員会と学校に提供する。
    ※調査結果は、学力の特定の一部分であり、学校における教育活動の一側面です。

 

 

  • 実施日 2018年9月6日
  • 対象中学校3年生
  • 調査内容:国語、数学、英語、社会、理科の5強化及び、生徒に対するアンケート

 

平均点、無回答率ともに大阪府平均を上回りました。

  • 平均点
    枚方市、大阪府の順番に記載しております。
    国語54.2 53.0
    数学61.2 58.9
    英語62.1 58.5
    社会52.1 49.5
    理科59.9 58.0
  • 無回答率(低い方がいいです)
    枚方市、大阪府の順番に記載しております。
    国語14.3 16.0
    数学9.0 4.5
    英語2.9 3.6
    社会3.6 4.5
    理科6.3 7.3

 

枚方市の学力は大阪府平均よりは、全教科上回りました。教師の皆様と生徒の頑張りのおかげですね。学力がすべてではないとはいえ、低いよりは高いほうがいいと思います。このチャレンジテスト自体にも賛否があるのは承知しております。今後は将来を切り拓く能力を身に付けてほしいので、自分で考えて答えを導く力をつけていってほしいですね。

 

詳細は枚方市のHPをご覧ください。

→チャレンジテストの公表について

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
枚方市議会議員
木村亮太(きむらりょうた)

ご連絡はこちらにお寄せください。
hirakata[at]kimura-ryota.net

twitter
@kimura_ryota

友だち追加

未来に責任
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SNSにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<次の記事(2019/01/07)
商工会議所の新年賀会に参加
前の記事>(2019/01/05)
プチクリエイト松尾さんの経歴がわかる本です。おかあちゃん社長
記事一覧